column

弁護士コラム

子の引き渡し・子の監護者指定

2021.08.13

夫婦喧嘩を契機として,夫が子らを連れ去ったことから,その妻が当事務所へ来所相談。
依頼後,すぐに審判前の保全処分の申し立てを行い,申し立てが認められたことから,無事に依頼者の下へお子さんが戻ってきました。

審判手続にて,
①主たる監護者は妻であったこと
②監護者として適格なのは妻であること
③乳幼児期における母性優先の原則
④監護継続性の原則

上記4点を粘り強く主張したことが功を奏した。

TOP

050-5259-0806

MAILFORM