column

弁護士コラム

刑事事件(窃盗罪)

2021.08.15

被疑者は,窃盗罪で逮捕されたところ,逮捕されてすぐにご家族から依頼を受けて,逮捕期間中に,被害者と示談したため,検察官による勾留請求を阻止することに成功した。

誤解されている方が多いですが,逮捕とは「最大72時間」身体拘束されることであり,(起訴前)勾留とは「逮捕の後に行われる最大20日間の身体拘束」です。 (起訴前)勾留されてしまうと,身体拘束が長引くので,仮に不起訴になったとしても会社や家族に迷惑をかけてしまい,解雇や離婚に発展することもあります。

勾留請求される前に,被害者の方と示談をするなどして,勾留請求を阻止すれば,会社や家族に迷惑をかけずに済むことができます。

 

TOP

050-5259-0806

MAILFORM